ロングトレイル準備:持っておくべき必要な荷物一覧。

スポンサーリンク

初心者向けロングトレイルの持ち物一覧です。

ロングトレイル・・・登山までは行かないけれど、ハイキングよりは重装備。荷物ひとつとっても、ロングトレイルコーナーなんかがあるお店もあまりなさそうですし、選ぶ基準がわからないですよね。

もちろん、日帰りで行うロングトレイルと、数日泊りがけで行うロングトレイルとでは用意も変わってきますし、個人で行くのか、ツアーで行くのか、夏に行くのか、冬に行くのかでその装備や持ち物は変わってくると思います。あくまでここは参考程度にして、挑戦するロングトレイルにあわせて調整してください。

初心者向けロングトレイル持ち物一覧

●歩きなれたトレッキングシューズ

登山ではありませんので、登山靴までいかなくても大丈夫です。トレッキングシューズなどが良いでしょう。やはり初めてのロングトレイルですと、靴や持ち物もみんな新品で買い揃える場合もあるかと思いますが、かならず本番の前にたくさんはいて足へなじませておきましょう。ちょっと履いて「あ、大丈夫かな」と思っても、長時間あるくと、小指や親指、かかとが痛くなったり、擦れてしまったりすることがあります。

●リュック、ザック、リュック(ザック)カバー

背負っていくリュック(ザック)は一般的に売っているものではなく、アウトドアショップで購入できるものが良いでしょう。

ネットで買っても良いと思いますが、重さや背負い心地、大きさなど一度ためしに背負ってみるほうが無難かとは思います。日帰りの場合や、宿泊施設、山小屋などテント以外で寝泊りするのであれば、30ℓくらいでよいかと思います。もし長期の場合や、テントを組み立てる場合、食料や水をすべて持参する場合は、70ℓくらいのリュックが必要になってきます。こちらを見ている方は、初心者の方も多く、過酷なコースをいく場合も少ないと思いますので、30ℓくらいをおすすめします。

ザックカバーは、雨避けのカバーのことです。もともとついている場合は良いですが、ない場合は急な雨に備えて一枚持ち歩くと良いでしょう。

●雨具

天候の変わりやすい山のほうのロングトレイルでは、雨具は必須です。晴れるといわれていても、必ずもっていきましょう。上下のタイプのほうが下半身が汚れなくて良いですが、羽織るだけのもののほうがすぐに脱ぎ着が出来て便利だったりもします。行くコースにあわせてチョイスしましょう。

●防寒着

季節やコースによっては必要ありませんが、もし寝泊りをする場合なんかは、寒さをしのげる防寒着を1つ持っていくと便利でしょう。ものすごく薄手だけど保温性のあるアウターを着ても、中に着るインナーを厚くしても良いでしょう。そとでさっと着るなら前者のほうが便利ですね。

ただし、あくまで荷物は軽量に抑えたいので、絶対いらないな・・・と思うようなコースとスケジュールであればなくても良いかもしれません。

●帽子

日差しの強いなか、直接日光を浴び続けると、夏場は日射病にもなりかねません。帽子を持っていきましょう。雨に強いものや、冬であれば防寒の機能もついているものだとより良いと思います。

●グローブ手袋

手袋はなにかと合ったほうが便利です。防水加工れているものの方が重宝すると思います。冬場は防寒にもなります。また、手袋とは別に軍手は軍手で1つ持っていると便利です。

●ストック

登山用のストック、杖のことです。絶対に必要なものではありません。ただ、山道がある過酷なロングトレイルの場合、もしくは長距離を歩く場合はあると重宝します。折畳できるものもありますので、体力的に少し心配な場合なんかは持っていくと良いでしょう。

●ヘッドランプ

山道、田舎道には街灯がない場合が多いです。ちょっとしたことで遅れてしまい、暗くなってしまう場合もあるかもしれませんので、ヘッドランプを持っていきましょう。もし迷ったり、はぐれたりという事故の場合も、ライトが目印になる場合があります。大きいのもでなくても良いので、1つ持参しておきましょう。ライトは電池切れなどにも注してくださいね。出発前に確認しておきましょう。

・行動食、水

水は1ℓくらいあると良いでしょう。途中で給水ポイントがあるとわかっている場合は、重たいのですこし少なくても良いかもしれません。
お弁当を持っていく場合や、昼食をどこかにたちよって済ます場合でも、それ以外に持ち運びできる食べ物を用意していきましょう。疲れたときにすぐエネルギーになる、カロリーメイトや、夏でも溶けない登山用のチョコなんかだと良いと思います。凍り砂糖なんかも、簡単に糖分の補給が出来るのでよいと思います。一緒に行く方にも分けやすいですしね。

ご飯ではなく、乾パンやカロリーメイトのような、持ち運びができる補助食品です。氷砂糖のようなものもあると疲れたときに簡単に糖分補給ができるので良いでしょう。

●着替え、タオル

日帰りの場合でも、雨が降って靴の中までしみこんできたりする場合もありますので、替えの靴下くらいは持っていくと便利です。雨の場合や、沢道で川にボシャン・・なんてアクシデントの場合だけでなく、汗をたくさんかいたあと体が冷えたり、ということも。荷物が増えすぎるのはいけませんが、靴下以外にうすでのインナーくらい持っていてもよいかもしれませんね。

タオルは汗を拭く、手を拭く、なにかと必要です。手を拭いたりする小さめのものと、全身の汗を拭く首からかけれるくらいの大きさのもの2種類くらいあると良いでしょう。

●保険証

どんなに万全な体調で挑んでも、急に具合が悪くなったり、怪我をしてしまったりということが考えられます。いつでも病院にかけこめるよう、保険証は必ず持っていってください。

●その他

・携帯トイレ 山ではトイレが少ないです。自然を汚さないためにも、携帯用のトイレが1つあると気持ち的に安心します。トイレが近いひとは1つ持っていきましょう。

・常備薬 もし普段飲んでいるくすりがあるのであれば、持って行きましょう。喘息などの突発的なもののためだけでなく、なんらかの理由で数日帰れなくなったりということも考えられます。備えあれば憂いなしです。

・コンパス 方角を確かめるのにコンパスを持っていくと安心でしょう。きちんと方位の見方も勉強しておきましょう。

持ち物は、あくまで参考までにしてください!他にも、参加する場所によって絶対必要なものや、いらないもの、準備などがあると思います。事前に確認をしておきましょう。

スポンサーリンク
カテゴリー: ロングトレイル基礎知識   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク