ロングトレイル持ち物:登山のようなコースを含むロングトレイルの装備,持ち物一覧

スポンサーリンク

必要最低限の持ち物に関しては、ロングトレイル準備:持っておくべき必要な荷物一覧。をご覧ください。

こちらでは、山登りのようなコースがあるところでの持ち物を紹介します。

もちろん、山登りにも高低差の少ないハイキングコースから、ロープで岩肌を進むような本格的なものまで様々。挑戦するコースに合わせて持ち物は調整を各自でお願いします。そのコースならではのもっていったほうが良いものなどもあるかと思いますので、詳細は各コースの詳しい方に確認をしておきましょう。テント泊の場合や、雪山などの準備・装備はこちらには書いていません。

山道ロングトレイルの装備、持ち物一覧

登山の服装
登山は重ね着(レイヤリング)が基本です。それぞれ以下のような役割りを意識すると良いでしょう。

●インナー、アンダー
汗を吸収する、すぐ乾く、保温効果がある

●中間着
保温効果がある。フリースやジャージ素材のものが動きやすいです。

●アウター
保温効果、防水、防風効果。登山用レインコートと併用でも大丈夫です。むしろその方が荷物少ないですね。

●パンツ
保温効果、防水、防風効果。アウター同様にレインコート兼用でも。

●トレッキングシューズ
丈夫さ、歩きやすさ、滑り防止、防水。とくにはきなれることが大事です。新品靴のままデビューはダメですよ。

●靴下
汗の吸収、保温効果。

●軍手、手袋
防水効果のある登山用の手袋、それとは別に軍手を持っていくと使い分けができます。

●帽子
日焼けやまぶしさから守ります。冬であれば暖かいものが良いでしょう。

●サングラス
まぶしいのが気になるようであれば1つあると便利です。特に高山のロングトレイルには。

●替えの着替え
靴下、下着、インナーなど

その他身に着けるもの
●ザック(バック)&ザックカバー

●ストック
足場の悪い道や、長距離歩く際にひざの負担を軽減してくれます。

●ヘッドランプ
足場が悪いときや暗くなってしまったときに。小型の懐中電灯でも良いですが、やはり両手使えるヘッドランプがおすすめ。

●腕時計
防水加工のものをつかいましょう。携帯があってもかならず腕時計も必須です。

食べもの
携帯食を持っていきます。朝、昼ご飯ともに準備がされているようなツアーの場合でも、カロリーメイトのような持ち歩きできるものは念のため必要です。チョコレートなど溶ける物や腐りそうなものは避けましょう。昼食などを持参するのか、どこかで食べる場所があるのかは事前に確認をしましょう。急にお休みなんてこともありえますので、お弁当持参が無難です。
●飲み物→水筒かペットボトル。中身は水かスポーツ飲料などが良いでしょう。
●携帯食→カロリーメイト、バランスアップなどの栄養食、クッキーやビスケット、おせんべいなど、エネルギーになる糖質が含まれているものを持っていきましょう。

その他必要品
上記以外で必要なものです。多機能ナイフやレスキューシートなどは、全員持っていなくても良いですが、分担をして何名かが持っていくと良いでしょう。

●予備電池
ヘッドランプなどの予備電池です。
●コンパス
携帯のGPSでも出来ますが、電池が切れたりしますのでコンパスは持っていきましょう。
●地図、地形図
登山地図やロングトレイルの事務局が販売しているコースマップなどはかならず持って行きましょう。
●タオル
汗を拭いたり、手を拭いたりかならず必要です。
●ティッシュ/ウェットティッシュ
手を拭いたり、怪我のときにも必要です。
●救急道具
切り傷用や、腹痛、吐き気、常備薬など一通り用意しておきましょう。
●多機能ナイフ 
はさみや缶きりなどの機能がある多機能ナイフは1つあると便利です。
●ライター
タバコ用ではなく、緊急用です。火をおこしたりするのに活用できます。
●健康保険証
必ず持って行きましょう。コピーも別の場所に忍ばせておきましょう。
●日焼け止め、リップクリーム
山の日差しは強いです。保護してあげましょう。

スポンサーリンク
カテゴリー: ロングトレイル基礎知識   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク