北根室ランチウェイ全71.4kmのコースをまるごと紹介!

スポンサーリンク

【北根室ランチウェイ全75km コース紹介】

コースは第1ステージから第6ステージまで。それぞれ景色が変わっていくのが楽しいですね。

●第1ステージ 14.8km 中標津空港~開陽台
 
青いサイロのある桜井牧場を横目に進みます。サイロとは、米・小麦・とうもろこし・大豆等の農産物、家畜の飼料を蔵置・収蔵する倉庫、容器等のこと。青い空に青いサイトが印象的です。
そのあとは広葉樹林の回廊、格子状防風林を通り、26号線の砂利道を進んでいくと到着するのが開陽台。開陽台とは、北海道標津郡中標津町にある標高271mの小高い丘のこと。視界が開けて地平線が丸くみえる素晴らしいところです。

●第2ステージ 10.1km 開陽台~レストラン牧舎

第1ステージで到着した開陽台から、この歩く道の会事務所であるレストラン牧舎へ向かうステージです。レストラン牧舎までは、砂利道を進み、中標津町(てしかがちょう)俣落地区のランチエリアを通り抜けるコースです。レストラン牧舎は牛乳豆腐のカツがはいった長年愛される看板メニュー「牧舎カレー」や、他にもカッテージカレー、パスタ、ピザ、天然酵母パンのセットなど・・うーん・・・美味しそうです。。

〈レストラン牧舎〉
営業期間:4月下旬-11月上旬  AM10時-PM5時
〒088-2686 北海道標津郡中標津町字俣落2000-2
TEL:0153-73-7151


大きな地図で見る

●第3ステージ 9.2km レストラン牧舎~養老牛温泉

レストラン牧舎でお昼をとる方が多いみたいですね。おなかを満たしたあとは、またサイロのある牧場風景が続きます。途中でいくつも川がながれているので、牧草地の緑と、川の青がすばらしく美しいエリアです。

養老牛温泉(ようろううしおんせん)は渓流沿いに立地した温泉地。川の流れを聞きながら入る露天風呂を設けている旅館が多いというなんとも嬉しい場所。

もし第1から順番に進むのであれば、もうここまでで35kmほど歩いていますからね!温泉に入ってぐっすり眠れば気持ちよさそうです。旅館に泊まるならもちろん予約を忘れずに!ついたけど泊まれなかった・・・となると大変です。

・ホテル養老牛 http://youroushi.com/
・湯宿だいいち http://www.yoroushi.jp/
・旅館藤や http://www.aurens.or.jp/~fujiya/

●第4ステージ 16.8km 養老牛温泉~西別岳山小屋

養老牛温泉から、奥に入っていた渓谷沿いにある無料露天風呂「カラマツの湯」を通り、林道を抜けていきます。その後舗装道路で歩きやすい高台。たびたびCMに登場する絶景であるモアン山が絶景です。その後はケネカ川を渡り、標茶町内の砂利道を歩いて西別岳の山小屋まで向かいます。

モアンコースという、モアン山を通るコースもあるようですが、6月から10月は立ち入り制限しているようなので要確認です。

●第5ステージ 11.3km 西別岳山小屋~摩周湖第一展望台

こちらはウォーキングというより軽い登山になります。すぐに登山道がはじめり、「がまん坂」という少々キツメの坂をすすむことに。ここがこのロングトレイル一番の急所でしょうか?そこを越えるとなだらかな山道。西別岳の山頂まで、約1時間歩いていきます。

ここで見えるのが摩周湖!山から見る摩周湖は絶景。その風景を楽しみながら、周湖第一展望台まで歩いていくコースです。ちなみに時間と体力があれば、摩周岳(ムイヌプリ)登山が楽しめます。

●第6ステージ 6.2km 摩周湖第一展望台~JR美留和駅

摩周湖の絶景を楽しんだら、最後JR美留和駅までの短いコース。長かった山道を越えると、林道、そして砂利道を進み、うつくしい美留和山を見ながら最後は舗装された道路を歩き、美留和駅まで。

美留和駅(びるわえき)は、北海道川上郡弟子屈町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線の駅。駅舎にはこどもの絵が書かれていてなんともほのぼのした場所です。こちらは弟子屈町立美留和小学校の児童によって描かれたものなのだそう。

冬の間は大変厳しい場所ですが、春から秋にかけて雪のない時期は、絶好のロングトレイルポイント。大変キレイな北海道の【北根室ランチウェイ】北海道の大自然を満喫するロングトレイルコースに是非足を運んでみましょう。

実際に行こう!と思ったら、重複になりますが→こちらで紹介するのはあくまで一部。こちらを読んで、行ってみたいと思ったら、【北根室ランチウェイ】のガイド、装備、送迎、宿泊、注意事項など詳細が確認できる、北根室ランチウェイhttp://www.kiraway.net/を必ず確認しましょう。初めての方はツアーや、ガイドさんを頼むと良いと思います。

→北根室ランチウェイのTOPへ戻るはこちら。

スポンサーリンク
カテゴリー: 日本のロングトレイルコース   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク